記事一覧

武幸四郎騎手引退記事

投稿日:

武幸四郎騎手引退へ

2017年2月26日(日)を持って武幸四郎騎手が引退となりました。

最終日となった2月26日は6鞍に騎乗。
あいにく1Rで騎乗したピンクスターの3着が最高だった。
最後の重賞となった阪急杯:カオスモスも10着。

あいにく最後に華を咲かす事はできなかったが、
重賞28勝という偉大な成績を残して、
天才の弟と言われ続けた男はムチをおいた。


最後は兄武豊騎手から花束を貰い、
たくさんの仲間に胴上げをされての引退。
今後は調教師として道を進んでいく。


武幸四郎騎手の主な成績

総合成績

JRA総合成績:(693-699-661-7068)
勝率 : 7.6%
連対率:15.3%
複勝率:22.5%

重賞勝ち鞍

<1997年>
マイラーズC(G2):オースミタイクーン
セントウルS(G3):オースミタイクーン
阪神牝馬特別(G2):エアウイングス

*マイラーズCでの勝利がデビュー初勝利!

<1999年>
神戸新聞杯(G2):オースミブライト

<2000年>
シルクロードS(G3):ブロードアピール
チューリップ賞(G3):ジョーディシラオキ
秋華賞(G1):ティコティコタック
根岸S(G3):ブロードアピール

<2001年>
函館スプリントS(G3):メジロダーリング

<2002年>
京成杯(G3):ローマンエンパイア
京阪杯(G3):サイドワインダー

<2003年>
アーリントンC(G3):ウインクリューガー
NHKマイルC(G1):ウインクリューガー
小倉記念(G3):ロサード
アルゼンチン共和国杯(G2):アクティブバイオ

<2004年>
小倉2歳S(G3):コスモヴァレンチ

<2005年>
チューリップ賞(G3):エイシンテンダー

<2006年>
菊花賞(G1):ソングオブウインド
京阪杯(G3):アンバージャック

<2007年>
きさらぎ賞(JPN3):アサクサキングス
青葉賞(JPN2):ヒラボクロイヤル
東海S(G2):メイショウトウコン
函館記念(JPN3):エリモハリアー
函館2歳S(JPN3):ハートオブクィーン

<2008年>
クイーンCJPN3:リトルアマポーラ

<2013年>
優駿牝馬(G1):メイショウマンボ
秋華賞(G1):メイショウマンボ
エリザベス女王杯(G1):メイショウマンボ

*メイショウマンボでG13勝!

武幸四郎騎手に引退に伴うアンケート結果

武幸四郎騎手との馬券の相性は?

45.8%:普通
20.8%:馬券にほぼ絡めていない
12.5%:まぁまぁ良かった
12.5%:全然良くなかった
12.5%:とても相性が良かった

武幸四郎騎手といえばこの馬!

70.8%:メイショウマンボ
8.3%:ソングオブウインド
8.3%:ブロードアピール
4.2%:ティコティコタック
4.2%:オースミタイクーン
4.2%:リトルアマポーラ

武幸四郎騎手が騎乗したレースで
・凄かったレース。
・印象に残っているレース
はなんですか?

☞デビューしたその日に乗ったマイラーズカップでのオースミタイクーン。
さすが天才ユタカの弟や!と思ったもんです。

☞前年の福永騎手に続いてデビュー戦で初勝利かと思いきや、あっさり負け、
「そんなうまくいくわけねぇよな」
って思っていたら次週の当時3月に行われていたマイラーズカップで
オースミタイクーンに騎乗して見事初勝利!これにはマジでたまげました。

☞ソングオブウインドの菊花賞

アドマイヤメインが逃げて
ドリームパスポートがそれを交わして
そのさらに外から飛んできたこの馬

幸四郎騎手の京都3、4コーナー死んだフリ作戦
すごいなぁ……

☞2010年天皇賞(春)メイショウドンタク
ロス無く追走し勝ち急がず完璧な仕掛けだと思ったが地力に劣るんだろうな、と思った。

☞3歳のエリ女 
メイショウマンボ
現地観戦したから。

☞第38回エリザベス女王杯
1着:メイショウマンボ
※2013年11月10日

個人的にですが、Q1でもあるように、武幸四郎騎手との相性が悪いです(笑)
武幸四郎騎手が騎乗するの馬券を買わないのは、勝率が良い印象が無いためです。

特にGⅠで勝つ騎手というのは、ほとんどの場合、実績のある騎手が多いので
「エリザベス女王杯」では「メイショウマンボ」は人気の高い馬でしたが、
武幸四郎騎手ということで外してました。
※ちなみにこのときは「デニムアンドルビー」を買ってました。

そんな中で武幸四郎騎手が勝ったので、印象に残ってます。

☞メイショウマンボ オークス

☞メイショウマンボのオークスです。
好きなコンビでした

☞メイショウマンボとのコンビはほんとよかった。
久々、幸四郎が光浴びたし
ずっと大切にしてもらってたら
メイショウさんのとこでGⅠも勝てたし。
秋華賞もありがたく馬券とらしてもらったので
俺の中ではメイショウマンボと武幸四郎です!
厳しい体重制限のなかお疲れさまでした!
ありがとう幸四郎騎手!!!(泣)

ご回答頂いた方々ありがとうございました(・∀・)


最後にピオリムコメント

ピオリム自身に取って武幸四郎騎手の引退というのは、
「時代が変わり始める」
というのを凄く感じました。

馬はどれだけ丈夫な馬でも9歳まで現役でいれたら凄い方です。
一方で騎手はというと、定年はありません。
ピオリムが調べた限り今現役で最年長は木幡初広騎手で52歳。

武幸四郎騎手の兄、武豊騎手は47歳。
武幸四郎騎手は39歳ですが、引退を決意し調教師になります。


ピオリムが競馬を始めてからまだ10年程しか経過しておりませんが、
その間に大きな騎手の変化ってなかったかと思います。
(アンカツさんがいますか。)

ピオリムはそこまで競馬に詳しいわけではないので、
きっとたくさんの騎手が引退しているとは思います。

ただ、競馬の入り口が
ダビスタ、スターホースだったピオリムにとって、
武豊騎手の弟という最初の頃に蓄える知識ぐらい
有名な騎手が引退するというのは、
これから他の騎手も出てくるんだろうなーと感じてしまいました。

武豊騎手、内田博幸騎手、柴田善臣騎手、小牧太騎手、横山典弘騎手、蛯名正義騎手
等々の誰もがしっているアラフィフ世代が引退する時が来るんだろうなと。


特に武幸四郎騎手に対して思い入れがあった訳ではありませんが、
メイショウマンボがG1勝ちまくっていた2013年というのは
まだまだ自分で使えるお金がたくさんあって、
競馬賭けまくっていた時期なのでなんだか勝手に感情移入してしまっております。

謎ですが。笑


でもきっとそうなるのは
ニュースにもたびたび取り上げられていたからかもしれません。

・ドタキャン⇒アヤパンとお好み焼きデート事件
・合コン帰りに暴行事件

みなさんの記憶にも残っているのではないでしょうか?


武一族と社台グループは色々闇が深そうですが、
これから調教師として頑張る武幸四郎を応援したいですね。

1時代を築いた武幸四郎騎手。

お疲れ様でした。

そしてありがとうございました!

スマホ用5




スマホ用5




人気ブログランキング

------------------------------------------------


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキング参加中です。
応援(ポチっと)よろしくお願いします。
-------------------------------------------------

LINE追加

LINE@公式アカウントやってます(・∀・)
ここだけの過去10年のデータ等を配信しております☆
よろしければこちらから友達追加お願いします。
友だち追加数
*うまくいかない場合は御手数ですが
 @hfz0682w
でID検索をお願いします。
*ツイッターからでうまくいかない場合は通常のブラウザで開き直して再度試して見て下さい。

-記事一覧
-, , , , , , ,

Copyright© ピオリム競馬|完全無料競馬予想 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.